1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ

乗っ取り対策に2段階認証を!

2014年11月14日 12:32

こんにちは。ひと晩で真っ白な冬に早変わりの旭川でございます。ここ数日、FBのアカウントを乗っ取られて中国人詐欺サイトの宣伝に使われる人があまりに多いですね。もちろん、ボクの直接のFB友じゃなく、いわゆる友達の友達が乗っ取られることで、友人がタグ付けされた投稿がボクのタイムラインにアップされるわけですが、LINEがアカウント乗っ取りによる詐欺に対してかなり積極的に防止のための対応をしていたのに対し、facebookは基本放置プレイっぽく、今日もまたこんな投稿がアップされるわけです。

2014111401.jpg

中にはこんな記事、友人がシェアするわけないじゃん、という判断もせず、おかしいとも思わず、「いいね」している間抜けな人や「勝手にタグ付けしないでください!!」なんて怒りの方向がちょっと間違っている人もいますが、基本アカウントを乗っ取られてしまうような人はあんまりFBを使っていない人が多いと思うので、一度、ご自身のお友達リストを見なおしてみてはどうかな〜と思うわけです。アカウントは持っていてもあんまり普段FBにいない人を友達においておくと、その友達のアカウントが乗っ取られた時、タグ付けされて詐欺グループの宣伝に一役買うはめになってしまったり、自身のアカウントも乗っ取られたり、個人情報が抜かれたりしちゃうわけですから。

で、肝心なのは自分ののアカウントのセキュリティをもう一度見直すこと。いくら友達関係を整理したところで、自分自身のアカウントが乗っ取られてしまっちゃ、どうしようもないってことで、まず辞めてほしいのは、同じパスワードの使いまわし。複数のWEBサービスで同じパスワードを利用している人はけっこういて(かつてボクもそうだったw)まずこれを辞めましょう。最近、アカウント乗っ取りの多くは別のサイトで流出したパスワードでログインされるケースが多く、いくつもパスワードを覚えきれないので、安易に同じパスワードを使ってしまうというのもわからなくはないのですが、やはり、WEBサービス毎にパスワード管理アプリを使うなどしてパスワードは違うものにしておきたいものです。どうしても同じパスワードを使うなら、一週間毎とかマメに全部のパスワード変更を行う(それでも危険だけど)とか、なんらかの対策は絶対に必要ですね。

あと、FacebookやGoogleなどのメジャーなWEBサービスはたいてい2段階認証がもはや当たり前になっています。2段階認証とは、パスワードを入力したあと、ユーザーが持つ固有の携帯電話などにさらにログインのための認証コードを送り、その認証コードを入力してアクセスする方法。通常、自宅のPCなどは一度登録すれば「信頼できる端末」として記憶されるので、2段階認証の手間は最初の一回だけですみますが、ネットCafeなど初めて使う端末からログインしようとしたら、2段階認証の認証コードの入力を求められます。乗っ取り詐欺師はたとえパスワードを入手しても、同時に本人が登録した携帯電話などが手元になければログインすることができないので、ログインすることはできません。アカウント乗っ取りを防ぐために2段階認証の登録ができるWEBサービスはぜひ2段階認証の登録をしてくださいね。

具体的な設定方法は下記のサイトを参考にどうぞ。

Facebookの「2段階認証」設定&解除方法。iPhoneアプリからできます。今すぐやろう。

知らない方はぜひ。簡単なのでFacebookにも2段階認証を設定するべし。

FBユーザー全員が2段階認証を設定してくれるといいのですが、現実にそんなことはありえないと思うので、まずはFBをあまり利用していない友達や実際にはあまり交流のない友達を自分の友達リストから整理することから始めてみましょうね〜

Facebookの見逃した投稿を確認する方法

2014年10月21日 20:39

今日の旭川はちょっと寒いです。ふらりーとのぎんねこさんにも窓にすきま風防止ビニールが張られるといよいよ冬ッて感じです。週末から来週にかけて車で釧路なので、タイヤ替えとかなくちゃ。さすがに峠はちょっとコワイですから。

 

 

Facebookの自分のニュースフィードには、通常、すべての友達の投稿や「いいね!」したすべてのFBページの投稿が表示されているわけではない、ということはすでにご存知の方も多いかと思います。特にニュースフィードの表示が「ハイライト」を選択されている場合(デフォルトはハイライト表示です。)は、Facebookの独自のアルゴリズムにもとづいて、友達の投稿も自分のニュースフィードには投稿されたり、されなかったりするようです。

※ちょっと古い記事ですが、表示・非表示の仕組みはこちらの記事を参照。

もちろん、自分自身で表示、非表示を選択することもできますし、ある程度、自分のニュースフィードを管理することももちろん可能です。ただ、長時間、ネットやFacebookにアクセスしなかった時、自分のニュースフィードを過去にさかのぼって友達の投稿を確認するのはとても大変。途中で記事にコメントしたり、シェアしたりすると、また、最新の記事に戻っちゃったりして、チェックできなかった記事まで辿り着くのが大変で、「ま、いいや」って諦めてしまいますよね。

そんな時、ボクも最近知ったのですが、未読の記事をピックアップしてくれる機能があるのです。

https://www.facebook.com/feed/missed_stories

Facebookにログインした状態でこのリンクをクリックすると、まだチェックしていなかった友達の記事が表示されます。昨日一日、Facebookチェックしてなくて〜 といった時に便利ですヨ。お試し下さいませ。

北海道マラソンを「RUN for Japan」で走りまっせ。

2014年8月28日 17:22

rfj.jpg

昨年、北海道マラソンのファンランに参加してからはや一年、いよいよ今週末、2014北海道マラソンを走ります。当日の天気予報は曇り時々晴れの最高気温が25度。願わくばここ数日の天候のように秋を感じさせるくらい涼しい風が吹いてくれるといいのですが。

思い返せば昨年の道マラファンラン出場後の高校時代の同窓ランナーの皆さんの打ち上げで、来年はフル、再来年はサロマの100kmに挑戦しますっ!なんて宣言してしまってから、少しずつ走れる距離を伸ばし、フルマラソンは3ヶ月ほど前倒しで5月の洞爺湖マラソンで初完走!調子にのってエントリーしたサロマ100kmでは40km手前で関門アウト、リタイヤとなったものの、すっかりランニング、マラソンの魅力に取り憑かれてしまっております。

先日、誕生日を迎えて干支にしてついに5周回目、48歳となったわけですが、自分にとっての40代はイケイケからの大失速、そしてただいま戦後処理とリスタートのための準備真っ最中という感じに推移しておりまして、ランニングを通じて年々老いを感じることが多くなった体にカツを入れ、まだまだ勝負できる体力と気力を充実させてまいりたく、今後もライフワークとしてランニングを続けて行きたいなあと思うわけでございます。

8月31日北海道マラソン、ゼッケンはF11650、写真の「RUN for Japan」のTシャツを着て走ります。カッコいいでしょw 皆さま、沿道でまたオンラインでアツイ応援をヒトツ、よろしくお願い申し上げまする。

RUN for Japan」これはボクの高校の同窓である山崎綾子さんが代表を勤めるNYの道産子ランニング愛好会「道走会」が東日本大震災の時に現地の日本人を励まし、そして被災地にエールを送る目的で始めたランニングイベントで、現在でもNYや東京でランニングを通じたチャリティイベントを企画しています。

昨年から走り始めたボクは今回の道マラが「RUN for Japan」デビューなわけですが、多くの同窓ランナーが今回もこの「RUN for Japan」シャツを着て走ります。「RUN for Japan」シャツを沿道、テレビなどで見かけたらぜひこちらもご声援をお願いしますね!!

ちなみに道マラ翌週の9月7日にもNYで12回めのイベントがあるようですので、現地の皆さま、ぜひ参加してください。ボクもこの日は再び「RUN for Japan」のTシャツして地元を走ろうと思います。

 

ちきりんにいぢられてちょっと悔しいので書いてみた。

2014年8月20日 11:40


昨日から何人かの皆さんがFBでシェアしていらっしゃるわけですが、あの、ちきりんさんにわが旭川駅が見事にいぢくられとるわけですw まあ、概ねおっしゃることごもっともなわけでございまして、たしかに北海道第2の都市とは言えこの駅はでかすぎだろう。東北新幹線の駅だってこんなにでかくないよねw

asahikawaeki.jpg※写真は今年の5月、高校の後輩、スーパーランナー小野ちゃんの北海道横断マラソン、旭川到着時の写真。どうだ!駅前広場も尋常じゃない広さだ!!

JR北海道の経営状況から考えて確かにこいつは過剰投資以外のなにものでもないと言えばその通りなんですが、地方都市の駅って単に経営効率、数字だけで判断できない存在なのだと思うわけです。
旭川駅の建設費とか、維持費がどういう負担割合で賄われているのか不勉強なんでよくわかりませんが、少なくとも駅舎の建設は駅周辺開発事業の一環として行わているわけですから単純にJR北海道の単独じゃあないっすよね。
車社会になって鉄道を日常の足として利用する人が減って、観光客も旭川空港から入ってくるから、昭和の頃から比べたらそりゃ私たちの日常に占める駅、鉄道の割合って決して大きくはないけど、地方のまちにとってやっぱり駅って、その町の象徴っていうか、顔っていうかそんな存在なんで、それを東京の単なる交通Stationでしかない中野や渋谷駅と比べられて、さらに未来世代への借金といわれてもなあ〜 なんか違和感。例えば旭川市庁舎とかが豪華絢爛すぎるのより、ぜんぜん良いと思うわけです。(ちなみに旭川市庁舎は万が一の大地震の際,建物に甚大な損傷が発生し,人命の安全も確保できないおそれがあると言われているぞ!)

広すぎるホールや駅前広場はこれからたくさんのイベント開催で市民や観光客に楽しんでもらえば良いわけだし、現に来月の食べマルシェの時は相当な賑わいを見せるはずだ。札幌の大通り公園のような季節毎になんだかフェスタって感じの駅前、エキナカイベントやったらそれなりに人も集まると思うし、建設中のイオンモールとJRホテルが稼働したらもうちょっと日常的な賑わいも増えるよね。ちきりんさんが旭川に来た日は雨だったからよくわからなかったかもしれないけれど、駅の南口はあの上野砂由紀ちゃんプロデュースの北彩都ガーデンだ。これも整備が完了してい様々な花が楽しめるようになれば、ガーデニング観光好きのおばちゃまたちが大挙して押し寄せる予定だ!さらには夏休みの朝9時にはいなかったかもしれないけど、平日でも午後になればなぜか駅構内のテーブルやベンチで勉強してる高校生だっているぞ!彼らはきっと、大人になって今の自分があるのは旭川駅で快適に勉強させてもらったおかげだなあと感謝するに違いないのだ。

ちなみにローラースケートの練習に最適とされたホールだが、練習するなら北国的にはローラースキーだ!夏、雨の日も旭川駅で練習したおかげで将来のディスタンスのメダリストが誕生するかもしれない。それにスケボーヤロウなら買物公園に腐るほどいるぞ。ただし広すぎて自転車通行しようとする人もいるから自転車通行は禁止だ!!

とまあ、ぜんぜんめちゃくちゃなわけですが、要するに、地方の町にとって駅は単なる駅じゃないってことを言いたかっただけでございます。なんだか、レンホウミンスの仕分けを思い出しちゃってさ。悔しいのでちょっと書いてみただけ。

そんじゃーねー!(パクリ)
 

なんでいまさら朝日新聞?(タイトル、釣りですw)

2014年8月19日 15:53


ちょっと間があいてしまいました。夏休みもおわって8月も後半戦。今日は朝から雨降りですっかり秋を感じさせる涼しさ。夏が終わってしまうのは淋しいけれど、北海道マラソンの当日はこのくらいの気温にならないかなあ〜雨はいらんけど。

20140819.jpg

さて、自分が新聞を取らなくなってからしばらく経つわけですが、なぜか会社オフィスの上、ボクの部屋のお向かいに住むギャル系おねーちゃんが突然新聞を購読し始めた。しかも今話題の「朝日新聞(笑)」
と言っても、写真の通り郵便受けに突き刺さったまま3〜4日分放置されるのが常で、決して新聞としての本来の目的のために購読されたわけでないことだけは明らかで、その購読理由はまったくの謎に包まれているわけです。まあ、おそらく景品につられて拡張営業マンの対応が面倒だからテキトーに「はいはい」と返事をした結果なのでしょう。

先日、ご紹介した北日本新聞のようなステキな企画を新聞社としてもっと考えてくれたら紙の新聞をまた購読してもいいかな〜と思うわけですが、新聞と同時に折り込まれてくるクソチラシの数の多さを考えるとやっぱりちょっと憂鬱になるので、今更、紙の新聞はいらないな。やっぱり。

だからといって自分がまったく新聞を読んでいないかのような誤解をされても困るので一応説明しておきますが、新聞は基本インターネットを通じて読むことにしておりまして、毎朝、布団のなかでiPhone、またはiPadにて「産経新聞アプリ」「SmartNews」でひと通りのニュースのチェック、で会社に出てきてからPCで気になる記事をもう少し掘り下げて読むというスタイルが多いです。

産経新聞のiphoneアプリは画面がちっさいので読みづらいのはちょっと読みづらいわけですが、東京版の朝刊と同じ紙面が無料で読む事が出来まして、なかなかに重宝します。あとSmartNewsもスマートフォン未対応サイトのニュースでも、スマートニュース独自のスマートモードで読むとスッキリレイアウトで文字サイズもスマホに最適化され読みやすい。知っておくべきニュースをチェックするには最適です。あとは気になったニュースはEvernoteやfacebookにアップしておいて、あとからPCで他媒体も含めてじっくり読めばいいわけです。

ただこの場合、ちょっと困るのは地元ローカルニュースになかなか触れることができないこと。ローカルニュースのソースとしてはやっぱり、道新(イデオロギー的な好き嫌いは別にして)やあさひかわ新聞の取材力に頼らざるをえない訳ですが、残念なことにどちらも発信は今のところ紙がメイン。
こと道新に至っては、FBやTwitterでシェアされた記事をスマホからアクセスしようとするとニュースの画面が表示されるわけではなく、一ヶ月300円でスマホ対応アプリを買えという画面に飛ばされてしまいます。(苦笑)
せめて通常はPC版のサイトにリンクして、スマホからは有料だけどもっと便利なアプリがありますよ〜って形にした方が売上も上がると思うのですが、どうなんでしょ?

あ、そろそろGunosyの夕刊メールが来る時間ですね。それでは皆さま、ごきげんよう!さようなら!!

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

旭川オフィス Tel 0166-21-3200 北海道旭川市10条通8丁目2441-20 札幌オフィス Tel 011-876-9684 札幌市中央区北6条18丁目1-17メタスタジオ2F経営サポート内 mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage